僕のコミックアカデミア

僕のヒーローアカデミアという少年漫画を中心にその他漫画やアニメについて語る予定です。

僕のヒーローアカデミア No.196 『それ行け心操くん!』感想

※この記事は「僕のヒーローアカデミア No.196 それ行け心操くん!」のネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。

 

 洗脳、条件の難しさの割に複雑な命令を出せないのは中々使い難い"個性"だ…。てっきり洗脳完了したら将棋の駒の如く自由に操れるものだと思ってた。

 加えて喋らせるのも不可だと周りに様子がおかしいとすぐ気付かれそうだし、初見殺しかつ短時間のみの効果だと使用範囲は限られそう。

 

 前回予想した通り洗脳の解除条件はやっぱりB組にも知られてたか。

 洗脳→捕縛布で拘束のコンボは決まれば強いが、相手に解除条件を知られてて、かつ周りに対象の仲間がいる場合は即決めなきゃいけないのがハードル高いな…。戦闘経験の浅い心操くんが失敗しても無理はない。

 

 防御力upさせる"個性"でもないのに宍田くんの一撃を耐え抜いた上鳴くんのタフネスさに拍手を贈りたいです。彼の電撃を喰らっても動き回れる宍田くんと合わせて両方の評価が上がる応酬だった。

 生身で触れたらそれだけでダメージ負うと示せるのは相手の手数を封じる上で効果的だな…。

 

 梅雨ちゃんが円場くんを捕らえてくれたのも良い連携。空かさず敵の隙を突いてくれると冷静な印象が増します。

 それにしても梅雨ちゃんの舌の射程距離と拘束力すごいな…w 円場くんが宍田くんから跳んで着地するまでの僅かな間に捕らえたってことは、その速度もかなりのものなのでは。

 

 ビーストモードで追撃→人モードで突破→再びビースト化で拘束の流れはテンションの落差に草生えるわこんなん。

 これもほぼ初見殺しだが使うタイミングが絶妙だし自分の"個性"の強みを心得てる感じがします。ON→OFFだけでなくOFF→ONを効果的に使うってのは新しい視点だ。

 

 切島くんを放り投げたのは一見力業、だが塩崎さんに向けて投げたと判れば寧ろその良コントロール&良判断に舌を巻く。

 円場くんもだけど空中で身動きを取れない"個性"はこういう時辛いよな…。自ら上空に跳べて、かつ爆破や風圧で軌道修正できる爆豪やOFAの便利さを実感できる。

 

 口田くんの口を封じられる腕力、上鳴くんのポインターを避けられる素早さ、背後から迫る梅雨ちゃんを察知できる嗅覚とやっぱりシンプルに強いなビースト!

 ハイになるとは言え力を制御できず暴れたりするわけではないし、周りが補助してあげればほぼ普通の増強型の"個性"と変わらなそう。

 

  どことは言わんが一部分だけでなく身体全体を舌に巻かれることに興奮してる辺り相当マニアックだな…。

 円場くんの空気凝固は肺活量で強度が決まるらしいので肺を鍛えてたのかな。何か吹奏楽部みたいだ…。

f:id:s_g_hrak:20180903194728j:plain

 だが筋力upさせる"個性"じゃない上鳴くんの手でまだ壊せる範囲内ではあるのね。

 

 物間くんはともかくブラキン先生ェ…。お茶目な印象で嫌いじゃないけど、ちょっと焦凍ォオオオ!!!とか言ってた頃のエンデヴァーっぽさあるな…w 今までとイメージすげー変わったぞ。

 相澤先生との温度差が激しすぎるw と言っても相澤先生も内心A組を応援してくれてると信じてますが!

 

 初実戦で慣れない心操くんへの梅雨ちゃんのフォローは有り難かったです。自分のどこが至らなかったのかをちゃんと把握してるのがやっぱり優等生なんだな…と。

 リカ婆に精神的支柱と言われてた通りの冷静さで、それは組んだばかりの心操くんにも例外じゃないと判り好感度上がりました。

 

 戦闘前には心操くんとやや不和な雰囲気だった上鳴くんが謝意を見せてくれたのも優しい世界だ…!

 上鳴くんは他人の良いところをしっかり見抜いて口にできる子なので、元々そこまで心配はしてなかったですけどねー。不意打ちな褒め言葉に心操くんが戸惑ってるのが分かって2828できるぜ。

 

 「ムチで打たねば」は斜め上の発言すぎて流石に笑う。でも塩崎さんのムチなら喜んで打たれたい人もいそう。

 つーか塩崎さんは宍田くんたちの作戦は全く知らずに動いてたのね…。単行本のプロフによると裏をかくのが苦手らしいが、今回でチームプレーの重要性を痛感する展開になるのかな。

f:id:s_g_hrak:20180903194741j:plain

 

 獣化のデメリットそこまでなくね…?と思いきや、着いたポインターにも気付かない程注意力低下するという形でバランス取ってきたか。

 …と思わせて、これもA組を釣るために敢えて付けたままにしてるって可能性もありそう。ハイになってる本人はともかく周りが気付かないのは不自然だし。

 

 最後の梅雨ちゃん×3は完璧に擬態してる…わけではなく、臭いで宍田くんの鼻を誤魔化してることのイメージかな。

 これで姿さえ見せなければ心操くんはペルソナコードで梅雨ちゃんの振りができるけど、変声機能はすでにバレてるしここからどうやって洗脳まで持っていくか見当付かない。

 

 今回は心操くんの特訓の成果のお披露目に加えて、上鳴くんのリベンジマッチでもあると考えればメタ的にやっぱりA組が勝ちそう。

 塩崎さんには悪いけど最後のコマの負けフラグすごいもんな…w そもそも今まで仲間と連携取れてなかったって時点でちょっと怪しくなってきてるからね。

 

他の週刊少年ジャンプ2018年40号掲載作品の感想はこちら↓ 

togetter.com