僕のコミックアカデミア

僕のヒーローアカデミアという少年漫画を中心にその他漫画やアニメについて語る予定です。

【幼馴染考察】僕のヒーローアカデミア No.118 後編 『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"

※この記事は僕のヒーローアカデミア No.118 『意味のない戦い』 のネタバレを含みます。ご注意ください。

 【概要】

    記事を開いて下さりありがとうございます。

    この記事は少年漫画・僕のヒーローアカデミア No.118 『意味のない戦い』 における、サブタイトルでもある緑谷出久と爆豪勝己の『意味のない戦い』に、2人にとってどんな意味があるのかの考察・予想を全3本にわたって行う記事の後編です。

    なお、3本の記事の構成は以下の通りです。前編・中編を未読の方はまずそちらを読むことをお奨めします。

  1. 前編 『意味のない戦い』の爆豪勝己にとっての"意味"

    comiaca.hatenablog.com

  2. 中編 『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味"

    comiaca.hatenablog.com

  3. 後編 『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"(本記事)

 

◆3.『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"

◇『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"

    前々回、そして前回の記事で、この『意味のない戦い』の爆豪勝己にとっての"意味"と、緑谷出久にとっての"意味"をそれぞれ説明しました。以下がそのまとめです。

  • 爆豪勝己にとっての"意味"今まで幾度となく畏怖と恐怖を繰り返してきた緑谷出久の"救ける"という行為を受け入れることによって、失いかけていた自分の"勝つ"という憧れへの信頼を取り戻し、さらなる確信を得る。

f:id:s_g_hrak:20161219213323j:plain

  • 緑谷出久にとっての"意味"爆豪勝己の"勝つ"という憧れを肯定し、彼が失いかけていた自身への憧れへの信頼を取り戻させることで、今まで幾度となく畏怖と拒絶を繰り返されてきた自分の"救ける"という憧れが、オールマイトの個性を受け継ぐに値するほど正しいものだと証明する。

f:id:s_g_hrak:20161219213415j:plain

    こうして2人にとっての"意味"を比較してみると、どちらも自身の"勝つ""救ける"という憧れを肯定する行為を行うより先に、「今まで幾度となく畏怖と恐怖を繰り返してきた緑谷出久の"救ける"という行為を受け入れる」「爆豪勝己の"勝つ"という憧れを肯定し、彼が失いかけていた自身への憧れへの信頼を取り戻させる」というふうに、それぞれまずお互いに相手の"救ける""勝つ"という憧れを肯定する行為を行う必要があることが分かります。

    そして爆豪勝己と緑谷出久がお互いの憧れを肯定するための第1段階が、それぞれ「緑谷出久に"救け"を求める」「爆豪勝己の"戦い"という"勝つ"という憧れの正しさを証明できる唯一の方法を受けて立つ」というものであり、2人はこのどちらもNo.118終了時点ですでに果たしています。

f:id:s_g_hrak:20161219213517j:plain

f:id:s_g_hrak:20161219213553j:plain

    つまりこの『意味のない戦い』は爆豪勝己と緑谷出久の2人にとって、お互いに相手の信じる"救ける""勝つ"というヒーローへの憧れを肯定し合うことで、最終的に自分の信じる"勝つ""救ける"ヒーローへの憧れの正しさを証明し合う、という"意味"があると言えます。

f:id:s_g_hrak:20161219213624p:plain

 

◇『意味のない戦い』が成立し得た理由

    爆豪勝己と緑谷出久、ようやく2人にとってのこの『意味のない戦い』の"意味"が分かったところで、前回説明した爆豪勝己が緑谷出久を"救け"を求める相手、そして"戦い"という"勝つ"という憧れを体現する相手に選んだ理由と、そして緑谷出久が爆豪勝己のこれらの要求を受けた理由から、何故爆豪勝己と緑谷出久にとってお互いの憧れの正しさを証明する相手がお互いでなければならないのかということを説明して、No.118の考察を終えたいと思います。

 

    まず、爆豪勝己が緑谷出久を"救け"を求める相手に選んだ理由は、緑谷出久なら自分を"救けられる"と無意識に感じていたからであり、それは幼少期から緑谷出久に"救けられる"ということを何度も経験してきたからです。

f:id:s_g_hrak:20161219222927j:plain

    一方、爆豪勝己にとって"救け"を求める方法が、"戦い"という彼の"勝つ"という憧れを体現するものであることを緑谷出久が理解できたのは、幼少期から爆豪勝己が"勝つ"という憧れを信じて努力してきたことを知っているからです。

f:id:s_g_hrak:20161219223034j:plain

   これらの理由を比較すると、どちらも幼少期からお互いが自分の信じるヒーローへの憧れを体現しようとしていたことを、爆豪勝己と緑谷出は久お互いに知っているということが理由となっていることが分かります。よって、『意味のない戦い』が成立し得た1つ目の理由は、彼らが"幼馴染"だからと言えます。

 

   次に、爆豪勝己が緑谷出久を"戦い"という"勝つ"という憧れを体現する相手に選んだのは、オールマイトが自分とは異なる"救ける"という憧れを持つ緑谷出久をOFAの継承者に選んだ事実を知ったことで、自分の"勝つ"という憧れが否定されたと感じたからです。

f:id:s_g_hrak:20161219230849j:plain

    また、爆豪勝己が緑谷出久に"救け"を求められるようになったのも、オールマイトの個性であるOFAが緑谷出久に受け継がれたことで、彼に対する畏怖や拒絶の感情が薄れたからです。

f:id:s_g_hrak:20161219231038j:plain

    一方、緑谷出久が爆豪勝己のこれらの要求を受けて立ったのは、自分がOFA継承者であり、そのことを爆豪勝己が知ってしまった原因の1つは、自分の彼に対する「個性を授かった」という発言であると考えたからです。

f:id:s_g_hrak:20161219231642j:plain

    これらの理由はどれも、緑谷出久がOFA継承者であることと、爆豪勝己がそれを知ってしまったことに基づいています。よって、『意味のない戦い』が成立し得た2つ目の理由は、彼らが"OFA継承者とそれを知る者"だからと言えます。

 

    つまり、この『意味のない戦い』が成立した理由は、爆豪勝己と緑谷出久が"幼馴染"であり、"OFA継承者とそれを知る者"だからと言えます。そしてこれこそが、爆豪勝己と緑谷出久にとってお互いの憧れの正しさを証明する相手がお互いでなくてはならない理由です。逆に言えば、お互い以外の相手とでは自分のヒーローへの憧れの正しさは証明できないと言えます。よって、「お互いに関わらずに成長しろ」という一部読者の主張は残念ながら通用しないということになります。

 

 

    ここまでご付き合い下さりありがとうございました。以上でNo.118『意味のない戦い』の考察は終了となりますが、引き続きNo.119以降の考察(下記にリンクあり)を行っていきたいと思います。

 

前編  『意味のない戦い』の爆豪勝己にとっての"意味"

comiaca.hatenablog.com

中編  『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味"

comiaca.hatenablog.com

No.119 『デクVSかっちゃん2』の勝敗予想とその理由

comiaca.hatenablog.com

togetter版感想

togetter.com