読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のコミックアカデミア

僕のヒーローアカデミアという少年漫画を中心にその他漫画やアニメについて語る予定です。

【幼馴染考察】僕のヒーローアカデミア No.118 中編 『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味"

僕のヒーローアカデミア 意味のない戦い 緑谷出久 爆豪勝己 ワン・フォー・オール OFA 幼馴染

※この記事は僕のヒーローアカデミア No.118 『意味のない戦い』 のネタバレを含みます。ご注意ください。

 【概要】

    記事を開いて下さりありがとうございます。

    この記事は少年漫画・僕のヒーローアカデミア No.118 『意味のない戦い』 における、サブタイトルでもある緑谷出久と爆豪勝己の『意味のない戦い』に、2人にとってどんな意味があるのかの考察・予想を全3本にわたって行う記事の中編です。

    なお、3本の記事の構成は以下の通りです。前編を未読の方はまずそちらを読むことをお奨めします。

  1. 前編 『意味のない戦い』の爆豪勝己にとっての"意味"

    comiaca.hatenablog.com

  2. 中編 『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味" (本記事)

  3. 後編 『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"

    comiaca.hatenablog.com

 

◆2.『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味"

    前回の記事で、かっちゃんはNo.118においてそれぞれ別の『方法』で、以下の2つの『目的』を果たそうとしているということを述べました。

  • 緑谷出久との"戦い"という『方法』によって、緑谷出久に"勝つ"ことで、自分が信じてきた"勝つ"という憧れの正しさを証明するという『目的』
  • 緑谷出久に対してオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという『方法』によって、その罪悪感や責任感から緑谷出久によって"救けられる"という『目的』

    この記事では、まず何故かっちゃんがこの2つの『方法』を行う相手にデクを選んだのかということを考えます。その後、次に何故デクがこの2つの『方法』、すなわちオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという"救け"を求める声に応え、"戦い"に受けて立ったのということを考えます。そして、その答えから緑谷出久にとっての『意味のない戦い』"意味"を考察します。

 

◇爆豪勝己が"戦い"という『方法』を行う相手に緑谷出久を選んだ理由

   これは前回の記事にも書いた通り、オールマイトが自分とは異なる"救ける"という憧れを持つデクにOFAという個性を託したことを知ってしまい、自分の"勝つ"という憧れが否定されたと感じたことで、"戦い""勝つ"という『方法』によって、自分が信じてきた"勝つ"という憧れの正しさを証明すると考えたからです。

f:id:s_g_hrak:20161211221902j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211222019j:plain

 ※前回の記事

comiaca.hatenablog.com

 

爆豪勝己がオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという『方法』を行う相手に緑谷出久を選んだ理由

    かっちゃんがオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けることで望んだことは、その罪悪感や責任感から"救けられる"ということです。つまり、デクなら自分を"救けられる"と無意識に感じていたということになります。では、何故そう感じるに至ったのか。それを知るためには、幼少期から現在に至るまでのデクをかっちゃんの視点で見る必要があります。

f:id:s_g_hrak:20161210223445j:plain

f:id:s_g_hrak:20161210223336j:plain

 f:id:s_g_hrak:20161210223519p:plain

f:id:s_g_hrak:20161210223552j:plain

    このようにかっちゃんは幼少期から現在まで幾度となくデクに"救けられる"という経験をしています。この経験によって、デクの"救ける"ヒーローとしての資質は正しい、つまりデクの"救ける"という憧れは本当は正しいと、認めたくはなかったものの心の奥底では理解していたのだと考えられます。だからこそ、今までしつこく自分に対して"救ける"という行為を行ってきたデクなら、オールマイトへの罪悪感や責任感からすら自分を"救けられる"と感じたのだと推察できます。

 

    しかし、それでは何故デクなら今の自分を"救けられる"と思ったのか、すなわち何故今まで散々畏怖し、拒絶してきたデクの"救ける"という行為を今求められるようになったのでしょうか。その原因を知るためには、かっちゃんがデクなら今の自分を"救けられる"と思えるようになった前後、つまりかっちゃんのデクに対する態度が大きく変化した前後で、かっちゃんがデクに対してどのように認識を改めたかと考える必要があります。

    以前までのかっちゃんはことあるごとに、特に雄英合格や体力測定で新記録を更新したときなど、デクが何かを達成したときにデクに対して癇癪を起しています。

f:id:s_g_hrak:20161211223119j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211222624j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211222644j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211222914j:plain

    しかし、デクが仮免試験の一次を通過したときには、かっちゃんはそれを知っても癇癪を起しませんでした。

f:id:s_g_hrak:20161211222933j:plain

    そしてこの「"借り物"…自分のモンになったかよ」という台詞から、癇癪を起さずにデクに接することができるようになったという、かっちゃんの態度の変化が起こったきっかけは、"借り物"、すなわちデクがオールマイトの個性であるOFAの継承者だと知ったことだと思われます。また他にも、彼は神野事件後の仮免試験に向けての必殺技の試作の最中に、自分が破壊した岩の瓦礫がオールマイトにぶつかりそうになり、それをデクが防ぐという、以前であればまた癇癪を起こしてたであろう場面においても、デクに大きな反応を取りませんでした。

f:id:s_g_hrak:20161211223511j:plain

    これらの描写から、爆豪勝己がオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという『方法』を行う相手に緑谷出久を選んだ理由は、元々緑谷出久の"救ける"ヒーローとしての資質を心の奥底では理解していたところに、それが自分の憧れであるオールマイトの個性によって肯定されたと知ったことで、彼の"救ける"という行為に対する畏怖や拒絶の感情が薄れたからだと言えます。別の捉え方をすれば、かっちゃんにとってそれだけオールマイトの存在が大きく、そしてヒロアカ世界の人々にとって、それだけ個性というものの他人への認識に与える影響が大きいということが言えるでしょう。

 

◇緑谷出久が爆豪勝己のオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという『方法』に応えた理由

    ここまで述べてきた理由から、かっちゃんはデクに対して"戦い"を挑み、オールマイトへの自分の罪悪感や責任感を打ち明けることで、デクに"救けられる"ということを求めました。そして最初は”戦い"に対して消極的だったデクも、かっちゃんの自分に対する"救け"を求める声を聞いてそれに応えるために、かっちゃんが挑んできた"戦い"を受けて立つことを決断しました

    つまり、デクの決断は時系列的には、

  1. かっちゃんの”救け"を求める声に応えることを決断し、
  2. そのために"戦い"を受けて立つことを決断した。

という順序になります。そこでこの順序に従って、まずこの項でデクがオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるというかっちゃんの"救け"を求める声に応えた理由を考えます。

 

 まず、前回の記事でも述べた通り、デクが誰かの"救け"を求める声に必ず応えるということは作中で何度も示されていることです。なのでここでデクがかっちゃんの"救け"を求める声に応えること自体は至極当然のことです。

 しかし、今回デクは単にかっちゃんの"救け"を求める声に応えただけではなく、"救け"を求める声に応えたことについて「かっちゃんのこの気持ちを今受けられるのは  僕しかいないんだから」と独白で語っています。

f:id:s_g_hrak:20161211223701j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211223731j:plain

     そして、何故デクはかっちゃんのその"救け"を求める声に応えられるのは自分だけだと思ったのかということの理由は説明されていません。よって、まずその理由について考えます。

 かっちゃんが"救け"を求める相手にデクを選んだ理由、つまりオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明ける相手にデクを選んだ理由は、前項で述べた通り、デクがオールマイトの個性を受け継いだOFA継承者であることを知ったからです。なのでその理由、つまり何故デクがOFA継承者であることをかっちゃんが知り得たのかということを考える必要があります。

 以下が、デクはオールマイトの個性を受け継いだOFA継承者であるという結論をかっちゃんに出させるに至った情報の一覧です。

  • AFOは人の個性を奪い、それを自身が使うことや他人に与えることが可能である。
  • ラグドールが個性を消失して活動を中止した。
  • 脳無は個性を複数持っている。
  • オールマイトとAFOには面識がある。
  • デクから「人から個性を授かった」という発言をされた。
  • 神野事件におけるAFOとの戦いでオールマイトは力を失った。

 f:id:s_g_hrak:20161211224040j:plain

 こうして列挙すると様々な情報からかっちゃんが真実を導き出したということが分かります。そして、そのうちの1つである「人から個性を授かった」という発言はデクによるものです。

f:id:s_g_hrak:20161211224254j:plain

    このことから、自分の発言が原因で自分がOFA継承者であることにかっちゃんが気付いてしまったことを知ったとき、デクはそのことについて彼に責任を感じたということが窺えます。つまり、緑谷出久が爆豪勝己のオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けるという『方法』に応えた理由は、爆豪勝己が自分の信じる"勝つ"という憧れが否定されたと感じるに至った要因の1つは自分なので、自分には彼の「(お前の"救ける"という憧れが正しいか)確かめさせろ」という要求に応える義務、すなわち自分の"救ける"という憧れの正しさを証明する義務があると思ったからだと言えます。

 

◇緑谷出久が爆豪勝己の"戦い"という『方法』を受けて立った理由

  では、何故かっちゃんのその"救け"を求める声に応える方法が、"戦い"に受けて立つというものであることをデクは理解したのでしょうか

 それを知るためにはまず、かっちゃんはデクにオールマイトへの罪悪感や責任感から"救けられる"ことは望んでいますが、デクに同情や共感を求めているわけではないということを理解しておく必要があります。デクに同情や共感を求めているだけなら、"救けられる"ための状況を完成させたとき、すなわちオールマイトの個性がデクに譲渡されたことに自分が気付いたことを話し終わった直後に、すぐ自分がオールマイトへの罪悪感や責任感を抱いてることを打ち明ければ済む話です。つまり、かっちゃんが自分のオールマイトへの罪悪感や責任感を打ち明けたのは、"戦い"に消極的だったデクに"救け"を求めることで彼を"戦わ"せるためであると言えます。

 では、何故デクはそのことを理解して"戦い"に受けて立つ決断をできたのでしょうか。このことを知るためには、前々項で幼少期から現在に至るまでのデクをかっちゃんの視点で見たように、今度は幼少期から現在に至るまでのかっちゃんをデクの視点で見る必要があります。

f:id:s_g_hrak:20161211224344j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211224426j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211224511j:plain

 デクは幼少期のかっちゃんについて、「善し悪しはともかく自身に満ちたかっちゃんの背中は僕にとってかっこいいものだった」と語っています。

 そしてそれは現在でも同様であり、オールマイトにはそれを「追走」と呼ばれています。

  f:id:s_g_hrak:20161211224621j:plain

  f:id:s_g_hrak:20161211224646j:plain

  f:id:s_g_hrak:20161211224842j:plain

 このように、デクは幼少期から現在に至るまで、かっちゃんの"勝つ"ヒーローに憧れる姿を見てきており、自身もまたそのかっちゃんの姿に憧れてきました。つまり、デクはかっちゃんが"勝つ"という憧れを幼少期から信じ続けていること、彼がその憧れを信じて努力してきたからこそ現在に至ることを知っているのです。だからこそ、それを知っている自分だけは、かっちゃんの"勝つ"という憧れを否定してはいけないと考えたのです。よって、緑谷出久が爆豪勝己の"戦い"という『方法』を受けて立った理由は、爆豪勝己が自分に挑んできた"戦い"は、彼が自分の信じる"勝つ"という憧れの正しさを証明できる唯一の『方法』であり、それを受けることすらしないことは彼の"勝つ"という憧れを否定することに繋がると考えたからだと言えます。

 

◇『意味のない戦い』の緑谷出久にとっての"意味"

 これまでの考察で、デクがかっちゃんの挑んできた"戦い"を受けて立った理由、"救け"を求める声に応えた理由がそれぞれ以下のものだと分かりました。

  • 爆豪勝己が自分に挑んできた"戦い"は、彼が自分の信じる"勝つ"という憧れの正しさを証明できる唯一の『方法』であり、それを受けることすらしないことは彼の"勝つ"という憧れを否定することに繋がると考えた。

f:id:s_g_hrak:20161211225038j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211225118j:plain

 この"戦い"を受けないことが爆豪勝己の"勝つ"という憧れを否定することに繋がると考えたということは、緑谷出久はこの"戦い"を受けて立つことで彼の"勝つ"という憧れを肯定しようとしていると言うことができます。

  • 爆豪勝己が自分の信じる"勝つ"という憧れが否定されたと感じるに至った要因の1つは自分なので、自分には彼の「(お前の"救ける"という憧れが正しいか)確かめさせろ」という要求に応える義務、すなわち自分の"救ける"という憧れの正しさを証明する義務があると思った。

f:id:s_g_hrak:20161211225219j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211225256j:plain

f:id:s_g_hrak:20161211225327j:plain

 緑谷出久がOFAを受け継いだことに気付いたことが原因となって、爆豪勝己は緑谷出久に"救ける"という憧れの正しさの証明を求めようと考えました。なので、この場合の緑谷出久にとっての"救ける"という憧れの正しさの証明とは、自分の"救ける"という憧れがOFAを受け継ぐに値するものであるということの証明だと言うことができます。

 

 つまり、この『意味のない戦い』は緑谷出久にとって、

 爆豪勝己の"勝つ"という憧れを肯定し、彼が失いかけていた自身の憧れへの信頼を取り戻させることで、今まで幾度となく畏怖と拒絶を繰り返されてきた自分の"救ける"という憧れが、オールマイトの個性を受け継ぐに値するほど正しいものだと証明する

 という意味があると言えます。

 

ここまでご付き合い下さりありがとうございました。

次の  後編  『意味の戦いのない』の2人にとっての"意味"  に続きます。

 

前編  『意味のない戦い』の爆豪勝己にとっての"意味" 

comiaca.hatenablog.com

 

後編 『意味のない戦い』の2人にとっての"意味"

comiaca.hatenablog.com

 

togetter版感想

togetter.com